UTERRINE子宮頸がん二次検査

子宮がん検診、精査外来

子宮がん検診は、細胞診、コルポ診・組織診があります。
細胞診は一次検診にあたり、細胞診で異常がみられた場合、二次検診(精密検査)として、コルポ診と組織診が行われます。

細胞診について

細胞の検査(細胞診)は、膣の奥にある子宮頚部・膣部からブラシなどで擦って採取し、顕微鏡で検査します。

HPVとの関わり

子宮頚部異形成と子宮頚がんの主たる原因は、ハイリスク型ヒトパピローマウイルス(HPV)の持続感染であることが知られています。
HPV感染は多くの場合、性交渉により生じます。しかし多くの場合が自然消失します。
一方でHPVが持続した症例の中の一部が、数年~10年という時期を経て、子宮頚がんへ進展すると言われています。こういったHPV感染と子宮頚がんの成り立ちから見た場合、性交渉を開始すると考えられる10代から20代にかけて、HPVの初感染が生ずる可能性が高いと考えられます。
HPVには150種類以上の型があり、そのうちの15種類が高リスクになります。代表的なものは16、18、31、33、35、45、52、58型で進展リスクが高く、16型と18型は子宮がんの原因の約65%を占めています。

精密検査について

精密検査はコルポ診と組織診を行います。
コルポ診は、酢酸で加工した後に子宮の出口付近を拡大して観察する診断方法です。
組織診は、コルポ診の診断をもとに、病変の一部を採取する診断方法です。
組織診から単純な炎症なのか、異形成なのか、悪性かどうかをより詳しく診断します。

レーザー蒸散術

軽度・中等度異形成が持続する場合はレーザーで子宮頚部・膣部を焼灼することもできます。

レーザー蒸散術

円錐切除

高度異形成以上の病変が疑われる場合は、円錐切除が必要になります。円錐切除は子宮頚部を円錐状に切り取る手術です。
円錐切除は子宮を摘出しないため、術後も妊娠出産が可能ですが早産のリスクがあります。

円錐切除

高濃度ビタミンC点滴療法

期待できる効果

期待できる効果として、かぜ予防、疲労回復、美白効果、保湿作用、にきび予防、肌のトラブル改善、アンチエイジング、アトピー性皮膚炎の改善、がん予防などがあります。高濃度ビタミンC点滴には体内で活性酸素を除去する強力な抗酸化作用があります。 それによって健康と美容の両側面で大きな効果を得ることができます。